マッチングアプリ攻略

マッチングアプリでフェードアウトされる理由【復活よりも次の一手】

マッチングアプリでせっかくいい感じになれてた女性がいたのに、相手からフェードアウトされてしまいました。なんでなんだろう…

このお悩みに答えます。

マッチングアプリや出会い系をやっていると出てくるのが、このフェードアウト問題。

マッチングアプリにおけるフェードアウト(FO)とは、徐々に相手との連絡の頻度が少なくなっていき、最終的には完全に縁が切れることを言います。

急に連絡が途絶えることもこのフェードアウトの内に入ります。

相手といよいよこれから!って時にやられると、結構ショックデカいですよね。

しかし、マッチングアプリや出会い系をやるからには、このフェードアウトをやられることは幾度となく経験します。むしろ避けて通るのは不可能と言えるレベルでしょう。

では、このフェードアウトってなぜされるのでしょうか?

本記事ではその理由や原因、対策について解説していきます。

マッチングアプリでフェードアウトされる理由・原因


フェードアウトをされる理由や原因は色々考えられますが、主に下記の項目に該当すると思います。

  • 会話が合わなかった
  • 他にいい相手が見つかった
  • 相手の嫌がることをしすぎた
  • ただの「何となく」
  • 会ってみたら思ってたような人ではなかった
  • 手を出すのが遅かった

その①:会話が合わなかった

マッチングアプリでは相手のプロフィールを見た上でマッチングすることが普通ですが、そういう事前の情報があってもいざ話してみたら「話が合わない…」と感じることはよくあります。

  • 会話が噛み合わず、上手くキャッチボールができない。
  • 返事が素っ気ないし、レスポンスも遅い。相手との会話を純粋に楽しめない。
  • 相手がこっちの話を全然覚えていない。同じことを二回聞いてきたりする。

こういう相手とはそもそも続きにくいと言えます。

こちらも進んで会話していこうという意欲も無くなってきますから、メッセージのやりとりも少なくなります。

フェードアウトというより、自然消滅と言った方が良いでしょう。

その②:他にいい相手が見つかった

マッチングアプリはライバルだらけなので、相手に他のいい人が見つかりこちらの興味が失せたという場合があります。

それでそのいい人を優先するために不要な人はフェードアウトをするということです。

マッチングアプリは多くの異性と繋がれるので、自分が納得するパートナーを求めることができます。

しかし、そうやって理想をどこまでも追求することができる反面「青い鳥症候群」を発症するリスクがあります。

青い鳥症候群=ずっといい人を追い続ける人のこと。特に女性に多い。

こういう理由で切られることは致し方がないことなので、めげずに次に行きましょう。

その③:相手の嫌がることをしすぎた

相手の嫌がることをしすぎると、やっぱり切られる可能性は高くなります。

特に男性に多いです。

具体例1:質問攻め

  • 初体験はいつ?
  • 経験人数何人?
  • 一人暮らし?
  • 最寄り駅はどこ?
  • 寂しくない?会いに行こうか?

こんな感じでとにかく怖くて、そしてキモいですね。

具体例2:追撃

〇曜日会える?
私その日仕事あるので無理です。
仕事が終わってからは?会おうよ
いえ、帰ってからも色々やることあるんで。
何があるの?俺が手伝ってあげるよ。

・・・こんな感じで、やんわり断っているのに、さらに踏み込んでくる方がいます。相手が嫌がることはやめておきましょう。

SNSのツイート

こういうタイプはフェードアウトどころか、即時ブロックされるのが普通です。

でもこういう人はブロックしてもアカウントを変えてまたしつこく粘着してくる方もいるので、うかつにブロックすると危険ですから、女の子ってマジで大変です。

安全なフェードアウトのやり方については下記記事を参照してください。

マッチングアプリでフェードアウトする時の安全なやり方と注意点マッチングアプリで知り合った人を切りたいけど、いきなりブロックするのは気が引けるから穏便に終わりたい。そういう時ってありますよね。本記事では、マッチングアプリで穏便にフェードアウトをするやり方とその注意点についてお伝えします。...

近頃のマッチングアプリでは身分証の提出が利用条件となっているところが多くなっているので、ある程度お互い安心できるようになっています。

その④:ただの「何となく」

マッチングアプリや出会い系では気軽に繋がれてしまう分、ついなんとなく…っというモチベーションでメッセージのやり取りをしちゃう場合があります。

特に女性は無料で使えるところが多いので、ただの何となくでやっている人は意外と多いです。

男性は定額制なら毎月お金がかかりますし、ポイント制ならメッセージの送受信とかをする度にお金がかかりますので、真剣度で言えば男性のが上回ることが多いのです。

女性の中にはそんなに恋活に真剣ではない方も割といるので、そういう女性とマッチングしてしまうと、よほど相手の女性の気を引くことができない限りは、フェードアウトされる確率は高いと言えます。

その⑤:会ってみたら思ってたような人ではなかった

マッチングアプリ内でのメッセージ→LINE→電話まで順調に進んでも、いざ実際に会ってみたら

思ってた人と違った
デートの印象がいまいちだった
写真と実物が違いすぎて引いた

このような理由で、初デート後にフェードアウトとなる場合があります。

これは、プロフィールや写真を盛ったりしていると起こりやすい事象です。

プロフィール詐称や写真盛りは会ったら一発でバレるので、本来は使ってはいけない禁じ手なのですが、写真を加工して実物と全然違う画像を載せている方は意外といます。

「会ってみたらなんとかなる」っという気持ちなのかもしれませんが、騙された相手からすると「そうまでして会いたいの?詐欺じゃん…」っとなり、それだけで信用を失います。

だから、プロフィール詐称・写真盛りは結果的に良い事は一つもありませんので絶対にやめておきましょう。

その⑥:手を出すのが遅かった

手を出すと言うと下品に聞こえるかもしれませんが、男女はやはりセックスまで進むのが自然の摂理です。

マッチングアプリや出会い系には女性がめっちゃ嫌うヤリモクという人が存在しますが、結局のところ男性も女性もそこに行きつきます。

ですが、それにはいくつかプロセスがあって、適切なプロセスを経なくてはなりません。

ある段階を踏むと、セックスチャンスが訪れます。

その時アプローチするのはほとんどの場合男性ですが、女性もしっかりと「今誘ってくれたらOKよ」っというサインを出してくれています。

そのタイミングでしっかりことに及ばないと相手の女性は心底がっかりします。

それで女性から呆れられてフェードアウトとなる場合もあります。

フェードアウトされないための対策


相手から絶対にフェードアウトされないようにするのは実際問題不可能と言ってもいいくらい無理な話です。

ですが、その確率を下げることはできます。

その①:楽しく会話する

知り合ったばかりの人ですから、会話を盛り上げるのは当然必須です。ここがクリアできないとまず進展しませんからね。

会話する際に大事なことは、男性なら相手の外見を褒めすぎない。女性なら相手の収入を褒めすぎない。ってことを意識しましょう。

これは男女の色欲です。

男性の色欲は女性の身体に向かい、女性の色欲は物、それに変えられるお金(をたくさん持っている男)に向かいます。

だから、収入を褒めたり外見を褒めたりすると、

なんだこいつ。金目的かよ
なにこの人…ヤリたいだけかな…

っという印象を与えてしまいます。

それよりも、相手と心からの会話を楽しむことが大切です。男女どちらかが色欲にまみれていた場合、相手から見たらそれはもう気持ち悪く見えるので、フェードアウトしたくなる感情を引き起こしやすくなります。

その②:お互いの距離感を大切にする

人には誰しも自分の中に心理的なスペースというものを持っています。聞かれたくないこと、聞いて欲しくないこと、たくさんあります。

メッセージのやり取りで信頼関係を構築する段階で、そういうスペースにずかずか入り込まれると、もうその相手とはそれ以上仲良くなろうと思いません。

先述しましたが、相手がやんわり断っているのにさらに攻めてくる人のように、ああいう距離の詰め方は人間関係をぶち壊す原因です。

相手と早く仲良くなりたいと思う気持ちはわかりますが、限度というものがあります。

ですから、適切な距離感を保てる訓練をしていきましょう。何人かとやり取りしてたらコツがわかってきます。

その③:プロフィール詐称・写真盛りはしない

プロフィール詐称・写真盛りはやめましょう。

相手はその情報を元にマッチングしてきます。実際に会ったら実物と違うわけなので、信用を大きく損ないます。

相手からしたらそうやって盛っているような相手とそれ以上仲良くなりたいとは思えないでしょう。だって相手を騙しているわけですからね。

盛ることで、確かにマッチング率は上がるでしょう。でもそれは真のマッチングではないですよね。マッチングアプリの中では人気者になれても、実際に会ったらドン引きされてしまっては意味がないです。

どんなにプロフィールに書けることがショボくても、見た目がイマイチでも本来の自分を掲載している人の方が可愛げがありますし、かえって好感持たれるんですよね。

フェードアウトされた時の復活法について

もしも、フェードアウトされた場合の復活法について少し検討してみましょう。

一週間くらい経ってからジャブを打ってみる

連絡の頻度が少なくなってきてしまったけど、その相手と仲良くなりたいなっという場合は、すぐには連絡を入れない方がいいです。

なぜかと言うと、恋愛の原則として追った方の負けなのと、既に相手はこちらに興味を持っていない可能性が高く、そんな相手に何度も追撃するのは増々嫌われるだけのただの自爆行為だからです。

でも1週間とか間が空いていると、相手の気分も変わっていることがあるんです。

とはいえ、やはり望み薄なので、やるとしてもダメ元でやるのが一番です。

一言メッセージを送ってみる

  • 「仕事頑張ってる?」
  • 「今何してるの?」

この程度のメッセージを送ってみましょう。

マッチングアプリをよく使う人の間ではこういうのをザオラルメールと言うそうです。

ザオラルとは

ドラゴンクエストというゲームで、戦闘で死んでしまった仲間を生き返らせることができる呪文。但し100%ではなく、生き返る時もあれば、生き返らないこともある。

相手にメッセージを送っても、返信がある場合もあれば、そのままお流れになる時もある。

つまり、こういう事象にちなんで命名されたものだと思います。

ブロックされたらもう無理!諦めろ

マッチングアプリや出会い系でもやり取りをしたくない相手にはブロックする機能が付いています。これをやられたらもう諦めましょう。

連絡手段を断たれるくらい、相手はこちらのことを嫌っているんですから、むやみにアプローチしても相手はただただ迷惑なだけです。

悔しいですが、退くしかありません。

モテない人ほど、1人の相手に固執してしまいがちですが、一時的にその気持ちに陥ったとしても決して長引かせてはいけません。

切り替えて次行くべし

一人の相手にこだわるな、切り替えて次に行きましょう。最後は精神論になりますが、結局はここに行きつきます。

ザオラルメールは一度か二度送ってみてもいいですが、それをやるくらいなら他の子にいいねなりメッセージなり送った方がいいです。

せっかく多くの異性と繋がれるチャンスがあるのに、1人の相手に固執しているのはもったいなさすぎます。

恋愛をしていたら振ってフラれて、そんなことは幾度となく経験します。

切り替えが遅いと、本来マッチング出来ていたはずの素敵な異性を取り逃すことにもなります。

だから、切り替えて次行くようにしましょう。

まとめ:フェードアウトはされるもの・するもの


マッチングアプリや出会い系では、気軽に異性と繋がれる分、様々な想いや感情に苛まれます。

時には、相手の人に思い切り入れ込んでしまうこともあり、そういう相手にフェードアウトされたりするとショックは大きいものです。

でもそれはお互い様で、相手からだけじゃなくてこちらからもフェードアウトしたくなることもあります。

マッチングアプリをやる以上、このフェードアウト問題を避けるのはほぼ不可能です。

相手もこちらも感情のある人間なので、たまたま折り合いが付かないということなんていくらでもあります。フェードアウトされる度に感情を乱されていたらとてもやってられません。

だからマッチングアプリや出会い系では”フェードアウトはされるものだしするもの”そう割り切って、利用していきましょう。

たまに本当にいい相手と巡り合えるからこそ、やりがいがあるんですよ。

関連記事