マッチングアプリ攻略

マッチングアプリの初デートで告白するのがアリな理由【コツと注意点】

マッチングアプリで知り合った女の子に初デートで告白するのはアリですか?軽い男だと思われるかもしれないけど、あまりモタモタしてたら他の男に取られそうだから早めにゲットしたい。でも告ってフラれたらショックなんだよな…

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • マッチングアプリの初デートで告白するのがアリな理由
  • 初デートで告白する時のコツと注意点

マッチングアプリで知り合った女の子に初対面で告白をしても良いものか、悩むことがあると思います。

ですが、意外と不意打ちのように口説いてしまうのは時には有効です。当然相手の女の子は「えぇ!?嘘でしょ?」ってリアクションが多いですが、速攻ぶちかますのは恋愛では物凄い破壊力を発揮します。

逆にモタモタしていると、相手の子も冷めてしまいますし、ライバルの男登場で取られてしまうこともあります。

本記事ではマッチングアプリで知り合った子との初デートで告白するのがアリな理由とその時のコツ・注意点についてお話します。

マッチングアプリの初デートで告白するのがアリな理由

恋愛はスピードが大事です。そして男性は”手の速さ”こそが超重要!

これが遅いだけで男として失格と言ってもいいくらいです。

その①:手が早い男はモテる

手が早い(セックスまで持ち込むのが早い)男は凄く女の子に喜ばれます。

なぜかと言うと相手だって「いずれそういう人が現れたらいいな」って思っているからです。だから、あなたがそういう人にいち早くなってあげればいいんです。

もちろん相手の女の子も誰でもいいというわけではありません。

当然ですが、ただのヤリモクは嫌われます。

大事なのは、相手の女の子と純粋に”お付き合いしたい”とか”一緒に居てあげたいな”という気持ち、そして「君のことを癒してあげたい」という気持ちがないと女の子はOKしてくれません。

その気持ちがあるかないかは女の子は本能的に敏感に察知します。(その感覚が優れてないとダメ男の遺伝子を宿してしまう可能性があるからです)

ヤリモクはただセックスだけして、遊びたいってモチベーションが強いから嫌われるんです。ピュアな恋を求める女の子から見たら相当下品に映ります。

だから、男性から見てピュアな気持ちを持つことができる女の子に手を出すのが理想なのです。

ちゃんとお話を聞いてくれる人にならされてもいいな。

って思っている女の子は本当に多いですよ。

その②:他の男に取られるから

モタモタしていると当然他の男に取られる可能性があります。

こちらが初対面で告らなくても、相手の女の子を狙う男性はいつ現れるかわかりません。もしかしたら明日にも現れる可能性があるんです。

特にマッチングアプリや出会い系をやっていたらね。

脈がある女の子なら、デート中に何かしらこちらにサインを出してくれます。

それを逃すと相手の子もしらけます。

そうなると、

あ~ん!もう!!なんでよ!そこで口説いてよ!

ってなって、がっかりさせてしまいます。

他の男の人を探させる動機を与えてしまいますので、あんまりにもチャンスを逃すことは男としては失格です。

猶予としては色々な意見があると思いますが、5~7回目のデートくらいまでじゃないでしょうか?それまでにセックスを決めたいところです。

ただ、ライバル出現の恐れがあるので、早めに決めておいた方がいいに越したことはありません。

その③:当たって砕けても次がある

玉砕覚悟で女の子に告白して、もしフラれても、女の子はその子だけじゃないので、次があります。

もう二度とその女の子には会えなくなるっということを覚悟でストレートに

俺、〇〇ちゃんが好き。俺と付き合ってくれない?

っと伝えます。

まだ一回しか会ってない場合、まとな女の子ならきっとこう思うでしょう。

あ…軽いなこの人…

でもそれでいいのです。仮にフラれても。

モタモタしてたら、明日には他の男に言い寄られる可能性だってあるんです。

脈が無い子とはそこで終わるし、脈があったら

私、まだあなたのことよくわからないから、いきなりそんなことを言われてもちょっと困ります。考えさせてください。

って言われたりします。

なので、

うん。ありがとね。ダメならダメでいいよ。君とはもう関わらないし、迷惑もかけないから

っと言ってその日のデートを終えます。

すると、後日OKのLINEをもらえたりします。

こうなればもう、2回目のデートでキス→ホテルまで一気に進めることができます。

次回のデートではエッチまでしっかり決めれば、もうその子はこちらに惚れます。

初デートで告白する時のコツと注意点

初デートでの告白は、もちろん誰かれ構わず使える戦法ではありません。

相手の女性との遺伝子的な相性もありますし、どれだけ頑張っても無理な相手はとことん無理です。そういう時は別の女の子に狙いをシフトしましょう。

ダメな子にかけている時間がもったいないです。

その①:会う前に十分会話をしてラポールを築いておく

ラポールとは、自分の心と相手の心に橋を架けることを言います。

つまり、会う前にお互いに信頼して心を開いている状態にしておくということです。

ラポールを築ける女の子とは、メッセージを交わしている時点でも会話が自然と染み込んできますので、なんとも言えないここちよさを感じます。

初デートでの告白の成功率を上げるには、このラポールを相手の女の子と築くことです。

逆にこれができない状態で告白しても効果は薄く、むしろドン引きされて、二度と会ってはくれなくなる可能性があります。

なので、ラポール(心を開く)構築は必須条件です。

その②:デートの感触で告白するか否かの指標を持つ

デートの内容で告白するか否かを決める指標を自分の中で持っておくと良いです。

例えば、

  • 自然と二人の身体が近くに寄った
  • 手を繋いだ(手でなくとも肩や腕に触れられた)
  • 相手と目を合わせて話している時にドキドキする感覚を覚えた
  • 笑顔でトークが弾んだ
  • 「この女、抱きたい」って本気で思うことができた。

このような気持ちを持てた相手にだけ告るという指標を持ちます。

逆に…

  • 会ってすぐに「うわ…帰りてぇ…」って思ってしまった。
  • 相手の子が不愛想で全然楽しそうじゃない
  • 会話が全然弾まなかった
  • なんか波長が合わない…しっくり来ない…

このようなデートになったら、告白せずに撤退して二度とその子には会わないっと決めます。

先ほども言いましたが、ダメな子とはところんダメなので、他の子を探した方がいいです。

その③:告白は夜の時間帯にする

告白をするなら、夕方~夜の時間帯に行うと良いです。

この時間帯は人の判断力や思考力が鈍る時間帯で、恋愛なら告白、ビジネスなら商談の成功率が上がることで知られています。

これは黄昏時効果っと言いまして、あのヒトラーが自分の思想を大衆に刷り込むために、夕方~夜の時間帯を好んでいたそうです。

そして、世の詐欺師がよく使うテクニックでもあるので覚えておいて損はありません。

でも、あなたは悪用厳禁でお願いします…相手の女の子を幸せにするために使ってくださいね。

その④:告白はデート後のLINEでもOK

デート中にどこかのタイミングで告白ができればいいですが、思った以上にそういうシチュエーションにならない場合があります。

女の子はムードを大事にするので、場違いなところで告白なんてしようものならしらけさせてしまいますので注意です。

なので、その日お別れした後に

今日はありがとね。楽しかった(^^)/ ランチのパスタ美味しかったね!あのさ、メッセージでやり取りしてた時から直感がしてたけど、俺〇〇のこと好きになったんだ。付き合ってくれない?

っとストレートに伝えます。回りくどく言うくらいなら、玉砕覚悟でストレートに伝えます。

でも、これが意外と成功率高いんです。

何回か会ってから告白しても、意外と女の子は

あ~やっと言ってくれた。なんでもっと早く言ってくれなかったんだろ

って思うものです。

つまり、男性の気持ちなんてお見通しなんですよね。女の勘は鋭いのです。

その⑤:いきなりホテルINできるケースもある

女の子とデートしていると度々経験しますが「もうちょっと一緒に居たいな」的な雰囲気を女の子が出してくることがあるので、そのままホテルに連れていくことも可能です。

女の子と話が弾んでラポールが築けていると

じゃ、今日はこのへんで!

っとバイバイしようとすると、

まだ帰りたくないな…

っということを言ってくる場合がありますので、

じゃあ二人でゆっくりできるところ行く?

っとホテルをほのめかします。

相手もさすがにびっくりして(びっくりするフリ)

え?でも今日会ったばかりじゃん…

っと一応拒否(相手が男かどうか試す言葉、あるいは軽い女だと思われないため)してきます。

なので、ここで

あ、やっぱ無理だよね笑 じゃここでお別れね。バイバイ(^^)/

っとやると大体ついてきます。

これは慣れが必要ですが、この時のメンタルとしては焦りがあってはなりません。(ドキドキはOKです)

内心焦って、

あ~どうしよっかな。誘おうかな。誘って断られたら気まずいな…あ~でもヤリたいしな…

って思ってたらその思考は女の子にはしっかり伝わります。

それで

もうしっかりしてよ…

っと呆れる子もいるので、男はやっぱりメンタル面で余裕があると強いです。

つまり、「エッチ出来ても出来なくてもどっちでもいいよ。断るなら断れば?他の子と行くだけだから!」っと強気で構えていると女の子も「むー!」っとなって本気になります。

まとめ:ラポールが築けていればあっさり付き合える

初デートでの告白は相手とラポールを築いていれば、成功率がグンと上がります。

そのためにはマッチングアプリでのメッセージ、LINE、そして電話を通じて会う前にじっくりとお互いを知っておくことです。

このラポールが築けていない相手の場合、告白しても成功率は低く、かえって逆効果になる場合があります。

そういう子とは数回会ってラポールを築かないといけないので少々時間がかかります。

また、中には心理的な壁を高く感じて中々ラポール構築が出来ない子もいます。そういう子はとっととパスをして他を当たった方がいいでしょう。

恋愛はラポールをいかに早く構築して、いかに早く告白できるかというゲームと考えると中々面白いのではないでしょうか。

関連記事