マッチングアプリ攻略

マッチングアプリの初デートでキスするのがアリな理由と誘導方法

マッチングアプリで知り合った女の子との初デートでディープキスってしても大丈夫?女の子に嫌がられたりしないかな?本来何回目のデートでするべき?

この疑問について答えていきます。

本記事の内容
  • マッチングアプリの初デートでキスがアリな理由
  • 初デートでのキスまでの持って行き方

マッチングアプリで知り合った女の子との初デートでキスまでもって行けるのか、そこまでしても大丈夫なのか、またどうやってそこまでもっていけばいいのか、気になったりしますよね。

ただ、これは本当に相手によるとしか言いようがありませんが、会う前にそういう相手を選べば十分可能となります。

本記事にて、マッチングアプリで知り合った女性との初デートでキスするのがアリな理由とキスの誘導方法を解説します。

マッチングアプリの初デートでキスがアリな理由

結論から言って初デートでキスは全然アリです。

むしろ、女の子側もひそかに期待している方は意外と多いです。

理由①:女性の半数以上が初デートでキスはアリと答えている

マイナビウーマンの調査によると女性の約55%が初デートでのキスはアリというデータがあります。

【男性】
Q.あなたは、初デートでのキスは「あり」だと思いますか?
・思う(78.3%)
・思わない(21.7%)

およそ8割以上の男性は、初デートでキスするのもありだと考えているようです。女性の意見はどうなのでしょう。

【女性】
Q.あなたは、初デートでのキスは「あり」だと思いますか?
・思う(55.7%)
・思わない(44.3%)

半数以上の女性が、初デートでキスしてもいいと思っているようですね。男性と女性との考えでは、若干ズレが生じているようです。

引用元:初デートでキスしちゃダメ!? キスする男性心理と対処法

女性が初デートのキスをアリだとする理由は、

  • 二人の気持ちの確認ができるから
  • 相手の男性の気持ちがキスでわかるから
  • 好きだと思うならキスを出し惜しみする必要はない

上記のようなものが多いです。

女性も口ではあまり言いませんが、実はひそかに期待しているむっつりさんが意外と多いのです。

理由②:遅かれ早かれそうなるなら早い方がいい

しょせん男と女ですから「この人いいかも…」っと思った相手とはいずれキスをしてその先まで行くのが自然の流れです。

それまでの期間に時間をあける必要なんてあるでしょうか?

遅かれ早かれするなら、早い方がいいに決まっています。

理由は3つ

  • モタついていると相手がシラける
  • 他のライバルに取られる
  • 自信が無くなってくる

上記の通りで良い事ってないんですよ。

動物や虫などを見るとわかりますが、

出会って、お見合い、メスがOKすればすぐに交尾

↑これが普通です。

人間は考えすぎる癖がありますが、実は考えれば考えるほど、ネガティブな考えになっていき、自信が無くなっていきます。

だから早い方がいいに決まっているんです。

理由③:ラポールを築いておけば相手も期待しているから

会う前にラポール(お互い心を開いている状態)をある程度築いておけば、相手も期待しています。

なぜなら相手だってしたいし、女になりたいからです。

〇〇くんと会ったらキスするかも…もしかしたらその先まで…

っと思っている可能性は大いにあります。

このラポールはマッチングアプリで知り合った者同士の場合、最初はメッセージや電話を通じて築くことになります。

お互いの話をちゃんとできていることが大事です。

特に女性の場合、自分の話をちゃんと聞いて理解してくれる人にはどんどん心を開いていきます。

だから、メッセージや電話の段階で相手の女性から色々な話を引き出すことができれば、相手の女の子はこちらに心を開いてくれるということになるので、女の子側も期待するわけです。

そのためには相手の子と気が合うことが大前提です。そもそも気がない時点で論外です。

初デートでのキスまでの持って行き方

初デートでキスまで持って行くことは十分可能ですが、それには、当たり前ですが女の子に

この人とならしてみたいな

って思われる必要があります。

そのためにはちゃんと会うまでにやっておかないといけないことがあります。

お互いにヤリ目で会ったとかなら話は別ですが、ピュアな恋人を探すようなマッチングアプリの初デートで無理にしようとデートは大失敗です。

最悪警察を呼ばれますので、絶対に無理やりやったりしないようにして下さい。

手順①:会う前に必ずラポールを築いておく

前項で説明した通り、ラポールは必ず築いておく必要があります。

ラポールは会う前の段階では仮状態ということになりますが、メッセージや電話にて会ってもいない状態からでも築くことは可能です。

会う前にもうお互いが会うのが楽しみで仕方ない!という状態で会って、初デートの1件目のお店でさらなるラポールの強化に努めます。

会う前に十分コミュニケーションをしていれば、実際に対面した時には自然と会話が弾むはずです。またそうでなければおかしいです。

ここまで出来ればひとまず準備完了です。

手順②:2人きりで誰も見ていない所に行く

女性はムードを大切にします。

キスをする時には、誰も見てない2人だけの世界でしたいと思ってます。だから、男性はそのムード作りに注力しましょう。

基本的には、相手の顔がちゃんと見えるくらいの薄暗い場所がいいです。

おすすめの場所

  • カラオケ:部屋の証明を薄暗くする
  • 夜の観覧車:夜景が綺麗でムードばっちり

こういう演出をすることで女性側も

え…もしかして…

っとドキドキします。

手順③:女の子の肩に腕を回して自分の方に寄せる

ムードたっぷりになったら、女の子の隣に座って肩に腕をまわして

キスしてみる?

っと言ってアゴくいして女の子の顔を上げてあげます。

すると、

え?するの?

みたいな言葉を返してくると思いますが、そのままゆっくり唇を重ねて、唇を奪っちゃいましょう。

しっかりラポールが築けていれば、絶対に嫌がられません。

女の子も隣に座ることを許した時点で、ある程度覚悟は出来ています。特に観覧車など逃げ場のない密室とかでは。

またこういうムードたっぷりの時は女性側からもある程度サインを出してくれています。

そのサインは非常に感覚的なものなので、ここで言語化するのは難しいんですが、

今して来てくれたらOKよ

みたいなオーラがその子から出てます。

そのサインをちゃんと受け取ってあげましょう。

キスに成功すれば、女の子も盛り上がります。そのままの流れでホテルに誘ってしまえば、あっさりエッチOKしてくれる可能性は高いです。っというより、キスまでしてそのまま解散したらむしろマイナスです。

女の子にも「え?誘ってくれないの?」って萎えさせることにもなりますので、しっかり口説いてホテルに連れてってあげましょう。

まとめ:初デートでキスするにはラポールの強化を

初デートでキスまで行くには会う前にお互い十分会話をして、ラポールがちゃんと構築できていることが大切です。

そうすれば、会った時には相手のことをあっという間に好きになります。

ただ、男女どちらかが自分のプロフィールや写真などを盛っていた場合は、実際に対面した時に実物との落差にそれまで築いていたラポールが崩壊する恐れがあります。

メッセージや通話で相手とラポールが構築できても、相手の子が写真やプロフィールを盛っていないことが前提なのです。残念ながらこれは100%見抜くことはできません。

対処法としてはビデオ通話をしてちゃんと動いている相手の姿を見ることくらいでしょう。

相手も自分もどちらも経歴やプロフィール、写真を盛っていなかった場合、ちゃんとラポールが構築できていれば、会った時により相手を好きになり、一気にキスまで進めることが可能です。

またキスした後で「続きしに行こ?」っと言えば、ホテルインまであっという間です。

関連記事