彼女作り

【非モテ必見】彼女を作るのが難しすぎる理由【まずは〇〇をやめろ】

非モテ男子
非モテ男子
彼女を作るのが難しすぎて萎えます。どうやったらできるんだろう。彼女いる男が羨ましすぎる…俺も好きな子と手繋いで、キスしたりエッチしたりしたいよ…

この問題について取り上げていきます。

本記事の内容
  • 非モテが彼女を作るのが難しすぎる理由【思い込みとある習慣が原因】
  • 彼女を作るためにやっているとまずいこと【減らすだけでも効果あり】

彼女がずっといない人って彼女を作るのは難しすぎる…っという悩みをよく抱えてますよね。

「俺ってダメな奴だし、不細工だし、女と一生縁がないんだろうな…」ってそんな思い込みをすると思いますが、これは非常に危険なので今すぐにやめてください。

人の脳は思い込みによって変化していき、そういう現実を作り上げてしまいます。思考は現実化すると言いますが本当にそうなりますので、気を付けて下さい。

ひとたび彼女が出来れば、過去に持っていた常識なんて簡単にひっくり返るので、少しずつモテ男を目指していきましょう。

では、本編始めて行きます!

非モテが彼女を作るのが難しすぎる理由【思い込みとある習慣が原因】


まずですが、非モテ男は非モテ男になるべくしてなっているということが言えます。

モテ男になるためには今持っている認識を変えていく必要があります。

理由①:女の子が神聖な存在だという思い込みがある

可愛い女の子はおならもしないしうんちもしない、私生活もめちゃ可憐なもの

これは非モテ男子のよくある妄想です。

しかし、普通に考えてそんな女性はこの世に一人も存在しません。

現実の女性はというと…

  • 普通に屁だってブッブッする
  • ビチビチ~っとうんこもする
  • 部屋のお片づけや料理が出来ない子もいる
  • 食べ物が部屋の隅っこで腐ってることもある

こんな感じで、妄想とは裏腹にずっと酷い場合があります。

非モテ男子は女の子はこうあるべき~みたいなイメージが強くて現実の女性をちゃんと見れていないことが多いんです。

つまり、超理想が高いんです。なので、理想を下げることが大事です。

女の子と言っても、おならもうんこも普通にする人間という動物です。

お酒を飲ませ過ぎれば普通にゲロだって吐きますので、何も神聖な存在じゃないです。

アニメや漫画のキャラクターみたいな可憐な女性なんて存在しませんので忘れて下さい。

理由②:「彼女にしたい」という女性が目の前にいない

自分が心から彼女にしたいと思える女性とお話できていないのも大きな問題です。

そういう女性とお近づきになれていれば、多かれ少なかれ男は彼女にしてやろうと努力するものです。

女性との接触回数が少ないと、単純にそういう女性と出会う機会は滅多にないです。

世の中に絶対的な成功法則なんてありませんが、確率を上げることならできます。

職場の異性、友達の紹介、そしてマッチングアプリなど、とにかく出会いの母数を増やして、確率を引き上げるようにしないとそもそも女の子と繋がることが出来ません。

理由③:超常刺激に慣れ過ぎてしまっている

超常刺激とは、ジャンクフード・スマホ・ネットポルノ・アニメ・漫画・タバコ・ギャンブルなど元々自然界に無かったが、人を長期間依存させるパワーを持つ麻薬のようなものです。(もちろんリアルな麻薬も立派な超常刺激)

非モテ男子は、この超常刺激たちの奴隷になっていることが往々にしてあります。まずはこの超常刺激をできるだけ生活から排除することがモテる男になるための土台になります。

人は超常刺激にハマると脳内のホルモンバランスが変わってあらゆる物事への挑戦意欲が弱くなってしまいます。

これは行動に対する意欲や期待を発生させるドーパミンというホルモンが関わっています。

長くなるのでここでは詳しく話しませんが、超常刺激にハマっているとホルモンバランスがおかしくなり「仕事を頑張って、女を口説く」という本来の男性の健全なモチベーションが湧きにくくなってしまうんですよね。

ですから、超常刺激から出来るだけ距離を置くようにしましょう。

理由④:本当の意味で意欲的になっていない

彼女を作るのが難しい…っと言っている男性はマジになって彼女を作ろうとしてません。ちょっと恋活してたとしても一度や二度振られただけで簡単に諦めてしまっていることもあります。

言っておきますが、男性は振られる回数なんて多くて当たり前です。女性はそれだけ真剣に男性を選ばなきゃいけないんです。

だから数回振られた程度でめげていては一生モテないし、彼女を作るなんて夢のまた夢です。

なので、まずは女の子とたくさんつながることです。

マッチングアプリや出会い系を使えば、簡単に多くの女性と繋がれますので、非モテ男子こそマッチングアプリはおすすめです。

モテない男こそマッチングアプリを使うべき理由【慣れれば無双可能】モテなくて辛い毎日を送っていませんか?コミュ障・非モテな男子がモテるためにはマッチングアプリを活用するのが最も手っ取り早いです。本記事ではその理由について解説してきます。...

彼女を作るためにやっているとまずいこと【減らすだけでも効果あり】


やっているとモテなくなる男の悪習慣について紹介します。

その①:ポルノ動画の視聴

ポルノ動画を見ていると、モテなくなる確率は爆発的に増加します。

女の子にモテなくなるばかりか、人としてオワコンになります。

参考画像

画像引用元:ポルノ業界が人々に知ってもらいたくない真実

  • 左:正常な脳
  • 真ん中:ヘロイン使用中の脳
  • 右:ポルノを見ているときの脳

ポルノ動画は頻繁に見ていると物理的に脳をヘロイン中毒者のような状態にすることが研究でわかっています。

どうでしょう?恐ろしくないですか?

また、別のサイトでも脳の灰白質にダメージを与えるとの情報もあります。

研究の結果、ポルノ鑑賞時間の長さは、脳前頭部付近の皮質下領域における灰白質の大きさと、負の相関関係にあることが分かった。

この領域は右線条体と呼ばれており、報酬の処理をはじめとする機能に関与していることが知られるが、ポルノをより多く見ていると答えた男性ほど、この領域の灰白質が小さい傾向にあった。さらに、ポルノをよく見る人ほど、性的な画像を見ているときの左線条体の活動が低く、また、右線条体と、左側の前頭前皮質背外側部との接続性が弱いとみられることが分かった。

引用元:ポルノを見ると脳は縮小するのか:研究結果

上記のサイトを見ると、線条体という脳の部位が委縮することが指摘されています。

そこが委縮するとどんなことが起こるか?調べてみると恐ろしいことが書いてあります。

線条体(せんじょうたい striatum)は、大脳基底核の主要な構成要素のひとつです。
運動機能への関与が最もよく知られています。また、意思決定(依存や快楽)などその他の神経過程にも関わると考えられています。
線条体が機能低下により対人恐怖症、社会恐怖症に成るケースが多いと言われています。
(例:人前に出ると震えたり、手の平に汗をかいたり、顔の筋肉が硬直したりする)

引用元:大脳基底核のおはなし

上記の文章を見て、特に恐ろしいと思ったのが”線条体が機能低下により対人恐怖症、社会恐怖症に成るケースが多い”っという表現です。

つまり、コミュ障や非モテ男子ってポルノ動画の見過ぎで脳がやられているのでは?っと推測ができます。

ポルノ動画中毒になっていると、女の子が目の前に現れると普段見ているポルノの映像がその女性と重なり、意識せずともイヤらしい目つきでその女性を見てしまうようになります。

「あっ!いけないいけない…」っという意思が入る間もなく、そういう意識に脳が支配されてしまいますので、習慣の力って恐ろしいです。

当然ですが、そういうイヤらしい視線は女の子は凄く敏感に感じ取ります。

そしてキモ悪がられ、見事に嫌われます。

いやはや…ポルノ動画最悪ですね。男を劣化させるだけです。

どうですか?これでもまだ見たいというならどうぞお好きに。

その②:生活を賭けてのギャンブル

ギャンブルにハマる男は、健全な女子からは当然無視されます。

「同じギャンブル好きな彼女を作ればいいじゃんか」という声も聞こえて来そうですが、やはり絶対数が少ないので、出会い率は減ってしまいます。

それにギャンブル好きな人と一緒にいると常にお金に困る未来が待っています。そうなるとどうなると思いますか?

いつも揉め事の絶えないカップルになります。

周囲の人に見苦しいところをたくさん見せますし、自分たちはちっとも幸せになれない。そんな男女関係でいいなら止めやしませんが…。

適度に嗜む程度ならいいですが、人間お金が無くなると精神的な余裕がなくなり、荒々しくなります。なので、生活を賭けるギャンブルはモテから自分を遠ざける行為です。

特に女性は色々な面で余裕のない男性には魅力を感じないようにできています。

その③:暴飲暴食

たくさん食べて、たくさん飲む人は当然だらしない体をしていることが多いです。

デブな男、メタボな男は当然女性からは不人気です。恋愛市場において凄く不利になります。

さらに太っていると自己肯定感も下がりますので、ダブルパンチでモテなくなります。

なので、普段から野菜や発酵食品(梅干し・納豆・お豆腐・漬物・お味噌汁etc)など健康的な食事を心がけて、ジャンクフードやお菓子などはたまに口にする程度にしましょう。(1週間に1度など。当然毎日バクバク食べるのはブタボディの元)

人間の身体は普段食べているものから出来ているので、食事に気を使えない人はモテから遠ざかります。

その④:女性からのアプローチを待っている

これは彼女が欲しい男としては論外ですが、女性からアプローチされるのを待っているのはダメです。

待つのは女の子がやることです。

女の子はいつだって待ち姿勢のドMで受け身なのですから会話を弾ませて、口説くのは男の役目です。

彼女を作る!っというエネルギーがないのは彼女どころか女の子の知り合いすら増えません。

マッチングアプリでは、最初に女の子とマッチングをするまでは男性側の「待ち戦法」が結構使えたりしますが、リアルの世界で女の子から逆ナンされるとか、ドラマや映画みたいな恋を待つなんてやめましょう。そんなことは現実ではほぼ起こりません。

マッチングアプリでは男性は待ち戦法を使おう【女子争奪戦を避ける】男性がマッチングアプリや出会い系を利用する時の有効な方法の「待ち戦法」についてご存知ですか?待ち戦法は、他の男性ユーザーと女性争奪戦をしたくないという方に是非おすすめの手法です。本記事では、その待ち戦法について詳しく解説していきます。...

まとめ:単純にヤバイ習慣を止めるだけでも効果あります


非モテが彼女を作るのが難しすぎる理由についてお話してきました。

最後に軽くまとめると

  • 女の子を神聖視している=理想が高い
  • 彼女にしたいと思える女性と繋がっていない
  • 超常刺激にハマりすぎ(だらしない生活をしている)
  • 本当に恋活をしていない

上記の理由が考えられます。

中でも超常刺激が特にやばくて人を依存症にさせメンタルと脳をぶっ壊すほどのパワーを秘めています。

  • ギャンブルがやめられず、借金地獄
  • エロ動画の見過ぎで頭の中が不健全なエロで支配されてしまう
  • ドラッグがやめられず身体が壊れていく
  • ジャンクフードを毎日バクバク食って万年メタボリアン
  • スマホのソシャゲに課金しまくりで財布はいつもすっからかん

これら全部超常刺激の弊害です。モテる以前にまず人としてヤバいです。

今の日本で超常刺激を断ち切るのは難しいですが、単純にやめるだけでも効果があります。

非モテはメンタルと脳が健全でない状態である確率がめちゃくちゃ高いので、単純に超常刺激刺激を断つだけであっさりモテるようになってしまう方もいると思います。

関連記事