マッチングアプリ攻略

合コンは超効率悪い!出会いはマッチングアプリで探した方がいい理由

合コンとは、主に同じ数の男女で集まってワイワイと飲み食いしながらおしゃべりして、気が合う人がいたら彼氏彼女になる人を見つけようっという目的なのが多いと思います。

しかし、合コンって出会いを探す場としてはものすごく効率が悪いと言えます。

純粋に彼氏彼女になる相手を探すなら、今の時代はマッチングアプリで探す方が合理的と言えます。

本記事では、その理由について解説していきましょう。

合コンは超効率悪い!出会いはマッチングアプリで探した方がいい理由

その①:異性の母数が桁違い

まず、マッチングアプリはアプローチできる(される)異性の数が膨大です。

合コンはどんなに頑張ってもその場にいる異性にしかアプローチできませんので、数では圧倒的に負けます。マッチングアプリでは、それが万単位以上なのでまるで桁違いです。

しかも、アプリを掛け持ちすることによってさらに母数を増やすことができます。

都会はもちろん圧倒的な数を誇りますが、地方でも普段知り合うことのできない人数と繋がることができますので、出会いツールとしてマッチングアプリの右に出るものはありません。

その②:すぐに切り替えられる

マッチングアプリは”相手が自分と合わない”っと感じた場合、すぐに切り捨てて次に行く事ができます。その切り替えしが早く行えるのがマッチングアプリの素晴らしいところです。

世の中には自分と相性の合わない人はいくらでもいます。

  • シンプルに話が合わない
  • 話し言葉がなんだか気にくわない
  • そもそも見た目が論外

合コンでこのような異性に出会ってしまうとめっちゃしらけますが、それでもその状態でその場をやり過ごさないといけません。

マッチングアプリのいいところは、このような方とマッチしてもすぐにブッチして次に行けることです。

その③:相性抜群の異性を探せる

マッチングアプリは自分と相性の合う異性を思う存分探すことができます。単純に母数が多いのでチャンスはいくらでもあります。

しかも気に入った相手が見つかった場合、誰にも邪魔されずにその相手と仲良くなっていくことができます。2人の会話を覗き見する人は誰もいませんからね。

メッセージをするときも、電話をするときもずっと2人きりなので、仲良くなるスピードも合コンとはまるで違ってきます。

合コンとの出会いって数が限られているし「あ、なんかこの人違うな」って思ってもその場をやり過ごさないといけないのです。

合コンには他にもデメリットがいくつかあります。

次の項で合コンの致命的な弱点を紹介します。

合コンの致命的な弱点【時間と金の無駄】

その①:人数合わせで来ている人もいる

合コンにはお飾りの人数合わせの来る人もいます。

こういう人はあくまで”人数合わせ”なので、出会いに対するモチベーションがかなり低いことが多いです。

  • そもそも出会いを求めていない
  • 恋人持ち・既婚者とか普通にありえる
  • 全然楽しそうにしない

こういう人数合わせで来ている人は、上記のように最高にシラける要素を持ち合わせている場合が多いです。

また態度もどこか高圧的で「あんたたちなんか興味無い」ってオーラを出しているんで、本当にその場がつまらなくなります。

その②:可愛い子に人気が集中する

男は当然、見た目が可愛い子が好きです。だから、際立って可愛い子がいると男子たちの人気はその子に集中します。

女の子が幹事だった場合特にです。

幹事MAXの法則というのがあって、女性が幹事になると自分よりブスな女しか呼びません。周りの女をブスだらけにすることで相対的に自分を可愛く見せるためです。

男子の意識を自分に集中させて、その中から一番いい男を選ぼうって魂胆です。

こんな女がイイ女なわけありません。だから仮に可愛い子がいても、その人の腹の中は真っ黒なのが現実というところでしょうか。

その③:周りが邪魔!1対1になれない

仮に見た目も性格も良い子がいて、自分と相性が合っていい感じの異性がいたとしても、合コンではシンプルに周りの人間が邪魔すぎるという問題があります。

恋愛って2人で進めていくものなので1対1になれないと中々進展しません。

まずは会話が大事なのにお互い周りに気を使わないといけないので、その場では2人きりのコミュニケーションがとれないのです。

だから普通にチャンスを逃すことがあります。

連絡先交換をして後日2人きりでデートとかできればいいですが、もしそれが出来ても、その時の合コンメンバーから「あの子とどうなったんだよ」っていちいち詮索されたりするのもかなりうざいです。

人の恋愛に割って入られる可能性があるため純粋に恋愛を楽しめなくなります。

その④:ぶっちゃけ運ゲー、そして超絶効率悪い

マッチングアプリも運の要素は強いのですが、合コンで相性の良い異性を見つけるのはその比にならないくらいの運ゲーです。

自分と相性の合う異性の割合なんてほんの数%くらいです。5%もあればいいほう。

その他の9割以上は相性最悪~ごく普通くらいの相手です。

つまり、そのほんの数%くらいの相性抜群の異性を合コンで見つけようということ自体恐ろしいくらいの運ゲーです。

見つかったとしても、合コンでは周りが邪魔すぎてゆっくり2人で会話することもできないし、本来仲良くなれたはずの相手と仲良くなりきれないこともよくあると思います。

連絡先を聞きそびれることも普通にあると思います。

運よく見つかったとしてもそういう障壁があるため、運ゲー+超絶効率が悪いと言えます。

まとめ:出会い探しは1対1で恋活を進められるマッチングアプリが良い

合コンとマッチングアプリの違いについて述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。

合コンも時には楽しいかもしれませんが、恋愛は二人きりでするものです。良さげな人と出会えても周りの人間が邪魔だったら萎えるというものです。

なので、こと出会いを求めることにフォーカスするならマッチングアプリの右に出るものはありません。

マッチングアプリは自分と相性の良い人を思う存分探すことができますし、そういう人が見つかったら2人きりの世界で仲良くなって楽しむことができるんですよね。

関連記事