マッチングアプリ攻略

マッチングアプリで女の子に追撃メッセージを送るのはアリ?ナシ?

マッチングアプリをやっていると、話が弾みフィーリングが合う女の子の1人や2人は見つかるものです。

そういう女の子と知り合うと、実際に会って「もっと仲良くなりたいな」とか思ったりしますよね。

しかし、残酷なことにマッチングアプリではいい感じにメッセージが続いてても急に女の子からメッセージが返って来なくなって、そのまま終わってしまうことがしばしばあります。

男としては当然会ってもっと仲良くなってエッチすることまで薄っすらと期待をしているものなので、これをやられると割とショックを受けます。

フェードアウトする理由は様々あるでしょうけど、女の子は結構平気でブッチしてくるものなんですよね。

この娘、気になってたのに…

…っと、こうなった時にやりたくなるのが”追撃メッセージ”というやつです。

  • 女の子から本当に切られたのか?
  • 返事を送ったつもりになっているだけでは…?
  • 私生活で何かあったのか?

その真意を確かめるべく再度メッセージを送るこの行為は果たして有効なんでしょうか?

本記事では、この追撃メッセージについて深堀していきたいと思います。

マッチングアプリで女の子に追撃メッセージを送るのはアリ?ナシ?


結論を言うと、超絶超絶超絶ナシです!

その理由を解説していきます。

悲しいですが…
ムカつくと思いますが…
諦められないと思いますが…

これが現実なのでしっかり受け止めていきましょう。

シンプルにダサい

まず、女の子に追撃のメッセージを送るのはシンプルにダサいです。

なぜなら、その行為自体がとっても女々しいですし、男らしくないです。そして女に媚びている行為だからです。

女に媚びる男は女さんからはただただ「キモ!」っと思われます。「媚」という漢字のなり形からわかるように女+眉です。つまり、女の子が男に色目を使って言い寄る時に使うのが媚びなのです。

それを男がやるのは究極にダサいし、キモいのです。

男性が特定の女の子に対して一方的に好意を持つことを非モテコミットと言いますが、追撃メッセージは、まさにこの非モテコミットそのものです。

「気になってたのに…」っという気持ちはわかりますが、女の子を追っかけ回す行動に出た時点でもう負けなのです。

相手の女性がこちらに興味を持っていないからやめとけ

途中で相手の女性から返事が返って来なくなるということは、あなたの重要性が相手にとっては低いということです。もしくは興味が薄いか、全く無いという状態でしょう。

理由は簡単で、興味があったらたとえどんなに忙しくても何があっても返事は返ってきます。それが無いってことは…つまりそういうことです。

マッチングアプリでは女性は男性の数倍~10倍以上のいいねをもらうため、はっきり言って入れ食い状態で選び放題です。

なので、返事がない時点でこちらのことは眼中に入っていないことが多いです。

追撃しても「この人誰だっけ?」ってなる場合も普通にありますので、送っても効果は薄いです。

警戒されるし増々嫌われるだけ

一度や二度の追撃メールならいざ知らず、何度も何度も送っていると普通にヤバイ人認定されます。何度追撃しても相手の好意が上がることは絶対にありません。むしろ、しつこくすればするほどマイナスになります。

普通に考えたらわかりますが、一方的にメッセージが何通も届いたら戦慄を覚えると思います。そんな相手を好きになる人なんてどこかおかしな相手でない限りあり得ないでしょう。

それがわからないなら、彼女を作る以前に人間としてヤバイので人間力を鍛え直したほうがいいです。

お気持ちは凄くわかりますが、追撃したくなる気持ちをグっと堪えましょう。なんの勝算も無しに、ただ追撃だけしても傷口を余計に大きくするだけです。

追撃したいと思った時点でモテからは遠ざかる

一人の女の子にこだわっているとどんどん自信がなくなる

一人の女にこだわっていると知らず知らずのうちにどんどん自信が無くなり非モテ化していきます。

なぜかと言うと、人は常に内省的に何かを自分に語りかけています。つまり自己対話をしています。この自己対話によって人の自我は形成されていきます。

女の子に追撃メッセージを送ろうとした時点で「あの娘を振り向かせたい!」っという執着が生まれることになります。

その執着を続ければ続けるほど、手に入らないという現実をとことん思い知らされることになりますので、必然的に自信喪失に繋がっていきます。

つまり、執着は非モテコミットに繋がっていくのです。自信の無さはモテ力を大きく下げますので、明らかにマイナスなのです。

男は本来追われるべき生き物

男は本来は女性から追われてなんぼです。

理由としては、女性は一度男性とセックスすると子供ができる可能性があります。つまり母親になる可能性ができてしまうわけです。

だからヤリ捨てされるわけにはいかないので、セックスすると相手の男性のことをより好きになるように出来ています。

なので、セックスをすれば女性にとってはそこが出発点となるわけです。けれど、男性にとっては生殖はゴールなのでセックスまでしてしまえば女性ほどは燃えません。

そこが男女の脳の大きな違いです。

早い話が、女性からモテたければセックスまで持っていくことなんです。そのために必要なのが、やはり自分磨きです。

追撃メッセージはめそめそ・なよなよと女々しい行為です。

これは女性がもっとも嫌う男性の要素です。仮にそれで女の子から返事が来ても相手はあなたとセックスしたいだなんて思わないでしょう。

どうしても追撃したいなら

これだけ言ってもまだ諦め切れない、どうしても追撃したくなる衝動に駆られる方もいると思います。

どうしてもその女の子が気になるなら、どうしてもその娘を彼女にしたいなら…追撃は1回だけにしておきましょう。

それもすぐに送ってはダメです。

返事が来なくなって一週間くらい経ってから、ダメ元で送るようにしましょう。

この時に重要なのが、様子をうかがうような内容だったり、機嫌を取ったりするような内容にはしないということです。

あくまでも自然に語りかけるようにしましょう。

こんにちは!今日は天気がよかったですね~。あまりにもいい天気だったので2時間くらい散歩してきました!〇〇さんは今日はどこかおでかけしたんですか?

お相手とどのくらいの会話をしていたかにもよりますが、大体このような感じでいいと思います。

返事返って来ないけど、どうしちゃったのかな?なんかマズいこと言った?

上記のようなメッセージは間違ってもやめておきましょう。普通にキモいです。

まとめ:追撃するくらいならもっと魅力的な行動を取ろう


最後に結論ですが、女の子への追撃メッセージは悪手です。

仮に追撃で返信があってもそこから良い関係に発展する可能性は凄く低いでしょう。

なので、基本的にはやめておいたほうがお互いのためです。

追撃メッセージをするくらいなら、もっと魅力的な行動に置き換えましょう。

  • 新しい女の子を見つける行動を取る
  • 仕事に没頭する
  • 健康のために運動をする

こういったことに時間や思考を使うことの方がよっぽど良い未来が訪れる確率がアップします。そして、どんどんいい男になっていってモテる確率も上がります。

関連記事